Web・ネットショップも重要なところは実際の会社や店舗と同じということ

私は元々長く小売に携わってきました。食品からパソコン、家電製品から布団、茶碗や調理器具の販売までいろいろなものを販売してきました。

40歳を過ぎた時に同じグループ会社のWeb関連企業に出向をしました。そこで上司や周りに言われたことは「Webは難しいから」「Webは特殊だから」ということ。

最初は全くWebに関すること、ネットショップ(EC)に関わる知識が無かったため、きっと難しい世界なのだろうなと漠然と思ったものです。しかしその会社で1年2年と経験を積む内にWebは何も特別なものではなく普通のことであるということに気が付きました。

IMG_4900

Webを難しくしているのは業界関係者

自社でホームページを立ち上げたりネットショップの運営をしようと考えネットを使い情報を集めていると難しいと感じることがあるかもしれません。

または周りの人に「Webは特別、ネットは特別、難しいもの・・・」と言われてきっと難しいから専門的な知識を持った人に依頼をしなければきっと難しいものだと思い込んでしまう人も多いのでしょう。

しかしネットは特別なものでも何でもありません。

Webを難しくしているのは業界関係者であり、そう思わせなければ自分たちの仕事の価値が下がってしまうと思っている一部の企業のためです。

40歳を過ぎて全く未経験の業界に出向した私は最初は難しいものだと考えていましたがいろいろと知識を得ていくうちに、Webでも実社会でもやることは同じであるということに気が付きました。

確かにプログラムを学んで経験した人で無ければ難しいところはあります。しかし運営することに関しては別にそれはあまり関係無いことなのです。

むしろホームページやネットショップを運営するのに必要なことは普通に会社や店舗を運営する知識の方が重要なのです。

Webコンサルタントの存在意義

例えば食器を販売するお店を運営しようと思ったとします。お店を1から作る場合自分で作りますか?自分で1から作る人は非常に稀な存在ですよね。むしろほとんどの人は建設会社や住宅メーカーに依頼をしてお店を作ってもらうのではないでしょうか?

通常お店を作る場合は、建設会社の人と内装や間取りを相談しながら行いますよね。そしてどういう商品を取り扱うか、どこと取引するか、客単価はいくらなのか?粗利は?損益分岐点は?そんなことを経営者なら考えますよね。また広告はどうするか?新聞の折り込みチラシにするのか、それとも新聞そのものに広告を出すのか?テレビCMを行うのかラジオ広告を出すのか?地元の情報誌に広告を出すのか、そんなことを考えるはずです。

Webも同じです。ホームページを作ってもらうのはホームページを作る会社に依頼をすれば良いだけです。むしろどういう商品を扱うのか、どういう広告を出すのか、そういうことを考える方が重要だということは自ずとわかりますよね。

でも初めて店舗を運営する時はどういう商品を扱うのが良いか?どういう広告を出すのが良いのか?どういう集客方法を行うのが良いのか、そういうことがあまり詳しくない場合もありますよね。

その時に、どういう集客・広告を出せば良いのか?どういう店舗レイアウトにすれば良いのか、そういう相談に載るのが私の仕事=Webコンサルタントの1つの存在意義となります。

店舗や会社は建っているだけで広告となっている

実際の店舗や会社とWeb(ホームページやネットショップ)が大きく違うことを2つだあげるとすれば、1つ目は実際の店舗や会社は建っている、そこに存在するだけで広告を出しているのと同じだけど、Webはホームページを作っても広告にはなっていないということです。

コンビニやスーパーを利用する場合、そこにあったから利用したということはあるのでは無いでしょうか?店舗がある=それだけで人は呼べるのです。

なぜなら普通に歩いていたりするだけでその店舗が見えるのですから。つまり店舗や会社は建っているだけで広告の代わりになっているからです。

しかしホームページは違います。なぜなら視界に入って来ないことの方が多いからです。

  • 実際の店舗や会社=建っているだけで探してもらわなくても集客が出来る=広告になっている
  • ホームページ=基本的には探さないと見つけてもらえない、自然と視界には入って来ない=広告には自然とはならない

これを理解しないでネットショップを運営すると、必ず失敗します。

もちろん実際の店舗や会社も立地条件でも集客効果は変わりますし、遠方の人・付近を通らない人には見つけてもらえないから広告を出す訳です。

実際の店舗や会社とWeb(ホームページやネットショップ)が大きく違うことの2つ目は、Webは歩けない代わりに検索があるということです。

例えばあなたが引っ越したばかりの街で最初にすることは何でしょうか?周りの探索ではないでしょうか?

そこで偶然見つけたスーパーやコンビニを使うというのは自然な流れでしょう。

Web上には何があるか調べる時に探索ではなく、検索を行います。

  • 実際の店舗=探索で見つけてもらうことがある
  • Web=検索で見つけてもらうことがある

では検索で見つけてもらうためにはどうすれば良いでしょうか?そのテクニックを持っているのがWebコンサルタントです。特にSEOというものに特化したWebコンサルタントとなる訳です。

でも、検索で見つけてもらうためにはどうすれば良いのか?実はそんなに難しいことではありませんがその話はまた後で。

それよりも今回覚えて欲しいのは、店舗を作るのは建設会社に任せれば良いことでそれ以外のことを考えることが重要だということを理解しているのに、なぜWebになると店舗となるホームページやネットショップを作ることを考えてしまい、それよりももっと重要なことを考えようとしないのか?ということです。

Webも実際の店舗や会社も重要視することは同じです。ただやり方が少し違うということだけです。

まずはこれを覚えてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。